「ワナビー」  「イェー」
町, 時の流れ, 人
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
The Style of Vampires...
2008年 03月 17日 (月) 22:51 | 編集


たった3日間更新しないだけで2件のエロ広告。どうにかならんものでしょうか。

しかも「童貞」だの「人妻」だのもうちっとマシな名前で投稿できないものか。
「ツンデレ」とか「幼馴染」だったら躊躇うことなくクリックするだろうに…(主に俺が)






さて、おとといのことなんですが、何気なく本屋に立ち寄って、いつものように週間ベースボールを立ち読みして、いつものように何も買わずに本屋を出て行こうと文庫コーナーの前を通りがかったら…




吸血鬼のひめごと2というタイトルが目に入ってきました。



吸血鬼というワードと、挿絵を見た瞬間に気づきました。
これは中学2年だか3年のときに俺をこっち(電撃側)に堕とした原因の一つである吸血鬼のおしごとシリーズ(1~7)の続編であることに…!



あの衝撃の最終巻から3年半…!
あれの続編が出ているだと…?



欲しい!
どうしても欲しい!



というか1巻が11月に出てたらしい!
知らなかった!



というか半月の8巻を買ってから1回も電撃を買ってない!(1年半くらい買ってない)
なんか今更買うのが恥ずかしい!



アマゾンのレビューを見てもらえれば分かるように、決して半月のように万人受けするような小説ではなかったものの、あの能力モノも、5巻辺りからの作者の変貌っぷりも当時の俺にはたまらんかったようです。
1巻とか2巻はちょっとほのぼのっぽかったんだけどね。あの急展開のストーリーには当時の俺も流石にワロタwww


とまぁ、とにかく俺の電撃史上でも上位ランクの小説なわけですよ。


そんな小説の続編がでていたら買わないだろうか、いや、買う。



というわけで、1巻を探し出して2巻と共に同時購入。俺も大人になりました。


昨日今日で殆ど読み終わりましたが、いや、ほんとに当時のまんま。作風はそんなに変わるもんじゃないね。それが好きなんだけど。
どうやら俺には懐古厨の気があるようです。気づいたら昔を懐かしみながら、ちょっとノスタルジックになって読んでました。ああ、レレナ(主人公)はこんな性格だったな、とか作画の感じ変わってね?とか…。


さて、続きを読んでくるかな。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 町, 時の流れ, 人 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。