「ワナビー」  「イェー」
町, 時の流れ, 人
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
俺がマジでキレる5秒前
2007年 09月 15日 (土) 21:08 | 編集
 今日から公開の劇場版CLANNAD。
 中の人(潮鳴)がたいそうお気に入りのゲームなので、準備はもちろん前日から。お金もVSグッズ用にたくさんよういしました。






  以下、見た後の感想。ネタバレちゅうい。




   だああああああああああああああああ!!!!!!!



 ふざけんな。俺は認めない。あんなのCLANNADじゃない。俺はキレてる。ものすごくキレてる。


 ホント出崎はやってくれるぜ。悪い意味で。

 
 がっかり度を表すなら、「もれなく当たります!」って抽選で漏れちゃった感じ。



 できることなら、あの時間を返して欲しい。俺のCLANNADが、俺たちのCLANNADがあんな作品に収まってしまう姿なんて見たくなかった。
 
 作画だとか声優だとかは全然問題じゃなくて、原作完全崩壊。ゲーム内での人間関係とか、キャラの立ち位置とかもぐちゃぐちゃ。本編で全く触れもしなかった場所が多発。
 
 シナリオは…そうだなぁ…何かが違う。ほのかに原作とかすってるんですけど、やっぱりかすってる程度なんですよ。

 もうコミックアンソロジーかって話ですよ。それぐらいシナリオがひん曲がってる。

 
 もう崩壊もいいとこ。もうベロベロ。新手のサイバーテロだぜ。


 「原作?うはwwwwwwwww俺は俺流のシナリオで行くぜwwwwwwwww」とか出崎氏は思ったんだろうか。思ったんだろうな。だってあの出来だもの。

 でも確かにあれだけのシナリオの量を1時間30分以内に縮めるのは難しいと思う。それは認める。


 それだったら映画を作るな、といいたい。
 縮めるの結構。省略も結構。だけど流石にアレはないでしょ。



 なんでこんなに怒ってるかって、そりゃCLANNADが好きで好きでたまらないから。ほんとにいい作品だったから。
 だからこそ本当に映画には期待してた。出崎も今回はやってくれると思ってた。




 名作を駄作に落としてしまいかねない映画ですた。俺ご立腹。



スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 町, 時の流れ, 人 all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。